株式会社マーケティング・リサーチ・サービス

会社概要

会社概要

沿革

年代 マーケティング・リサーチ・サービスのあゆみ
1959年11月 会社設立 本社:目黒区中目黒 (11月30日)
1960年4月 消費者パネル調査開始 小売店パネル(在庫監査)調査開始(首都圏)
1961年4月 広告統計業務開始
1962年5月 本社移転:北区西ヶ原(農業技術会館内)
1964年3月 大阪支店開設−関西地区業務の拡充 電気店パネル調査開始
1966年1月 MRS小売店パネル 8大地区に拡大
1970年3月 電気店パネル調査全国に拡大
1971年3月 広告統計部門を企業分離(株)エム・アール・エス広告調査として発足
1974年3月 MRS小売店パネル調査 全国に拡大
1975年7月 第1回MRSメニューセンサス開始
1978年11月 MRS全国消費者パネル(MCI)開始
1982年8月 農林省委託、加工食品POS活用研究 ボディファッションパネル開始
1985年3月 購入者追跡システム運用開始
12月 中央区入船にMRSパネル営業部門移転
1988年5月 本社営業部門を入船オフィス(中央区)に集約
1989年9月 下北沢モニタールーム開設
1991年 朝霞事務所開設−MRSパネル制作部門移転
1995年1月 文京区大塚に本社全部門を移転、集約
1996年4月 MRSパネル事業部門を分離−株式会社エム・アール・エス
1998年11月 大塚オフィスにグループインタビュールーム開設
1999年7月 新宿モニタールーム開設
10月 iMiネット(株式会社ライフメディア)と代理店契約
CAPI(Computer Assisted Personal Interview)導入
2000年8月 インターネット調査モニター運営開始 ランダム性確保に配慮した
10月 MOT(MRS Omunibus Topics)開始
12月 インターネット自主モニター運営開始
公募型インターネット調査自主モニター運営開始
2001年1月 自由回答処理システム サービス開始
4月 プライバシーマーク認定取得
2002年3月 アレルギー成分表示でMRS調査ガイドライン
「食品衛生法」成分表示規定改定施行対応
  マーケティング ラン社と業務提携(国内大手化粧品会社業務において)
4月 定性調査運用でJMRQS(社団法人日本マーケティングリサーチ協会)基準導入
5月 「意匠法」対応:意匠新規性確保MRSガイドライン設定
10月 トラッキングサーベイ(首都圏)開始
2004年12月 MRSメニューセンサスオプション クリスマス/正月調査公開
2005年6月 首都圏訪問面接用モニター設定と運用開始
(個人情報保護に関する新法に対応)
2007年1月 官公庁(省庁、東京都中心)の入札案件取扱い開始
2008年7月 インターネット調査の新サービス「トライアルメニュー」開始
2009年12月 JRC(Japan Research Consultants)社と業務提携(外資業務拡大のため)
2010年5月 介護・育児制度導入
10月 JR大塚駅前に、大塚駅前分室 を開設
  顧客先から「インホームユース」システムの管理・運用を移管(受託)
2011年7月 食卓メニュートレンド・データブック発刊
2012年1月 定年後の再雇用制度導入
2013年3月 新宿第2モニタールーム開設
6月 電通ワンダーマンとマーケティング戦略・戦術構築支援をパッケージした
新たなサービス「 Brand Experience Impact SurveyTM 」を開発
2014年4月 CATIシステム(Computer Assisted Telephone Interview)開発