日本語 | English
お問い合わせ

個人情報保護法とは

個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法)は、「個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益の保護をすることを目的とする(第1条目的より抜粋)」ために定められた法律です。事業者が個人情報を取り扱う上で最低限守らなければならない義務等を定めています。法律の全文は首相官邸のHPなどで見ることができます。

<個人情報保護法の個人情報取扱事業者にかかわる義務 概要>


利用目的(第15条、第16条) 
・利用目的をできる限り特定 
・利用目的の範囲内での利用 
・利用目的以外の使用に対する本人の同意の必要性

適正な取得(第17条、第18条) 
・個人情報の不正な取得の禁止 
・利用目的の通知または公表

安全管理措置(第19条、第20条、第21条、第22条) 
・利用目的の達成に必要範囲でのデータの正確性の確保 
・漏えい、滅失、き損の防止その他の適切な安全管理 
・従業者および委託先の適切な監督

第三者提供の制限(第23条) 
・第三者提供における本人の同意の必要性

本人への権利対応(第24条、第25条、第26条、第27条、第31条) 
・利用目的その他の必要事項を本人の知りえる状態に置く必要性 
・本人からの開示・訂正・利用停止請求に対する対応 
・苦情の処理を適切に行うこと



©2011 Marketing Research Service,Inc., all right reserved.