日本語 | English
お問い合わせ

弊社の提供サービス


[ データ収集方法による分類 ]

ここでは、データ収集の方法別に、方法についての説明と弊社における特徴を説明しています。


[訪問調査]
調査員が対象者宅や職場などを訪問し、調査票に従って調査を実施します。
調査対象者は、調査目的に適した方法で抽出します。(統計的な抽出・エリアサンプリング)

[メリット]

・調査員がその場で対象者に質問しますので、複雑な内容の質問にも対応できます。
・写真や商品現物などの呈示物を対象者に適切なタイミングで示して、質問をすることが できます。(弊社では調査員が携帯ビデオを持参して対象者にCF動画を呈示すると いったことにも対応しております。)

[デメリット]

・実査にある程度の期間が必要となるため、短期間で結果を得たい場合には向いていません。
・有職者や男性など、不在がちの人には調査が実施しにくい傾向があります。

[適した調査]

統計的に適切な方法で対象者を抽出する点、また回収率が比較的高いといった点から、 サンプルの代表性を重視する調査に適しています。

例えば… 製品導入予定市場の現状の把握
製品の浸透状況の測定
広告の浸透状況の測定      など

[弊社の特徴]

■調査員ネットワーク
弊社専属調査員拠点 : 東京・大阪
提携調査員ネットワーク : 全国

■調査員の品質維持
調査員研修及びOJTにより、調査員の品質を維持しています。
訪問調査の年間対象者数 : 約50,000サンプル

■回収データの品質維持
回収データの品質を保証するために、実査終了後のインスペクション(事後的な検査) を実施しています。


[郵送調査]
調査票を対象者宅や職場などに郵送し、回答してもらったうえで、返送して もらう方法です。

[メリット]

・不在がちで訪問調査が難しい人にも調査に協力してもらうことができます。
・対象者が広い地域に分散している場合でも効率的に調査を実施することができます。

[デメリット]

・対象者自身に質問文を読んで回答してもらうため、複雑な内容の質問には向いていません。
・調査票の郵送、返送にある程度の期間が必要となるため、短期間で結果を得たい場合には向いていません。

[適した調査]

例えば… 新製品購入者を対象とした、製品に対する評価の測定
懸賞応募者を対象とした、懸賞に対する評価の測定  など

[弊社の特徴]
弊社では郵送調査にも活用できるモニター (呼称:MRSモニター) を保有しております。
MRSモニター : 約12,000サンプル


[会場テスト(セントラル・ロケーション・テスト)]
製品を構成しているコンセプト、ネーミング、パッケージデザイン、味覚、価格などを競合品、自社の改装品と比べる製品テストのひとつの方法です。
事前に会場・対象者条件を設定しておき、会場に対象者を呼んで、調査に協力してもらいます。
調査の目的や対象製品などに応じて、会場周辺の通行人に声をかけて対象者を集める場合と、事前にリクルートしておく場合とがあります。

[メリット]

・調査結果をスピーディーに提供することが可能です。
 弊社では、必要に応じて速報集計にも対応しております。
・実査にあたって、テスト条件をコントロールすることが可能です。
 (例えば、試飲テストにおいて飲み物の温度を合わせる、など)

[デメリット]

・対象製品を普段実際に使用している場面(使用時間帯や使用する時の気分など)
 とは異なる状況で使用してもらうため、調査結果に影響を与えるおそれがあります。
 (調査製品によっては、ホーム・ユース・テストをお勧めします)

[適した調査]

例えば… 飲料を試飲、食品を試食してもらっての評価測定
新製品のパッケージ案を実際に見てもらっての評価測定
テレビコマーシャルを実際に見てもらっての評価測定 など

[弊社の特徴]

・業界トップクラスの実績
年間700会場日以上のセントラル・ロケーション・テスト(CLT)の実施の実績があります。
・長年のお客様からの信頼
20年以上に亘りお客様(メーカー様、同業他社様)から信頼されている実績があります。
・調査業界の中でも自信のある経費
 長年のノウハウをいかした実査経費・調査経費です。
・お客様への対応
 多様なニーズに対応するサービスを行っています。データ収集のみサービス、データ収集から統計表の作成のサービスなどをスピーディー対応できる体制を行っています。
・安心してリクルートが可能
 常設会場を新宿に所有し実施しているので安心してリクルートが可能です。
・広い常設会場を用意
 試食/試飲などが可能な広さの実査スペースを用意しております。 (詳しくはこちら)
・調査の品質
 弊社のみの専属調査員なので、リクルート、インタビュー等の調査の品質は安定しています。
・調査員の教育
 通行者とのトラブルの予防またはプロービング技術の向上などを含めた調査の品質の安定のために年1回以上のトレーニングを実施しております。
・実査環境の把握のためのデータ収集
 お客様、弊社調査員のために会場周辺の通行量調査、通行者から調査協力者にかわる調査協力率、謝礼額 による非協力率、適格者条件による脱落率等のデータを集め調査の現場の把握に努めています。


・よりスピーディーに結果をお届けするために、CAPIシステムも導入しております。
■CAPIシステムの特長
・対象者が画面を見ながらペンタッチで回答を入力するため、データ入力が不要です。
・回答の飛び先チェックや回答矛盾チェックを対象者が回答(入力)する時点で行います。
・弊社の集計システムとの連動によって、回答(入力)完了と同時に集計が可能です。
よりスピーディに結果をお届けすることが可能となりました。

また、その他にも…、
・静止画、音声、動画の再生が可能です。
・小型端末機を使用しており、弊社モニタールーム以外の会場でも使用が可能です。

CAPIのアンケート画面イメージはこちら
 


[ホーム・ユース・テスト]
製品テストのひとつの方法です。
テスト製品を対象者宅などに配布して実際に一定期間製品を使用してもらい、製品の 使用感やパッケージ、廃棄・処分方法などに対する評価をしてもらう方法です。

[メリット]

・ふだんの家庭生活の中で使用してもらうため、上市前の製品の評価に有効な調査です。

[デメリット]

・テスト条件のコントロールが難しいため、例えば、味や香りを厳密に比較した い場合などには向いていません。(この場合は会場テストをお勧めします。)

[適した調査]

例えば… 新製品と競合製品の使用感の比較
新パッケージの使い勝手や処分方法の簡便性に対する評価測定 など

[弊社の特徴]

対象者の抽出は、製品カテゴリーや調査の目的によって、以下の方法を使い分けています。
・弊社保有のモニターなどから抽出
・エリアサンプリングによって抽出


[店頭面接調査]
<店頭調査> 調査員が売り場に立ち、対象製品を購入した人に対して、その場で調査を 行う方法です。
 ※実査実施店舗はお客様の設定・指定となります。
<追跡調査> 店頭調査協力者に対して、一定期間経過後に訪問調査や郵送調査を実施 することで、製品を使用しての評価を捉えることが可能です。

[メリット]

・「製品購入時点」での購入者の意識が正確に得られます。
・店頭でしか正確に得られない情報(販促物などに対する評価など)を得ることができます。

[デメリット]

・店頭での購入者出現率が低い製品については実査が非効率的になるため、調査費用が高くなります。

[適した調査]

例えば… 店頭時点での新製品の購入プロセス、及び理由の把握
店頭での製品の評価測定(パッケージの印象など)
販促物に対する評価測定           など

[弊社の特徴]

・熟練した専属調査員が調査しますので、売り場の状況についても詳しく観察することが 可能です。
・<追跡調査>についても訪問調査のノウハウを生かして、豊富な情報収集が可能です。


[店頭価格調査]
対象製品が実際にどのような店で、どのような方法で、どのような価格で売られているの かを調査する方法です。調査の目的上、覆面調査員が店頭で観察します。

[メリット]

・販売手数料、登録料、POP表示価格などを含んだ販売の実態を把握することができます。

[適した調査]

例えば… 自社製品や競合製品の実売価格を調べ、新製品の価格設定の参考としたい
販売方法など、POSデータなどでは把握できない部分を知りたいなど



[グループ・インタビュー]
6〜8名程度の対象者を1室に集め、司会者(モデレーター)の進行のもと、特定のテーマに ついて自由に話し合いをしてもらう中で有用な意見を引き出す方法です。
インタビューの様子はモニタールームやビデオカメラなどにより観察することができます。

[メリット]

・対象者相互の刺激により、定量調査では得にくい生の声に触れることができます。
・モニタリングによって、対象者の反応を観察することができます。
・対象者に実際の製品やテレビコマーシャルなどを見せて反応を捉えることができます。

[デメリット]

・統計的な標本調査とは異なり、調査結果の再現性に保証はありません。
・調査結果の解釈は分析者の主観に依存します。

[適した調査]

例えば… 製品コンセプト策定のための仮説を設定する
製品コンセプトの改良点を探る
消費者のライフスタイルを深く探る など

[弊社の特徴]

・弊社大塚本社内に 専用インタビュー・ルームを設置しています。
 併設のモニタールームでは15名程度のモニタリングが可能です。
・より有用な情報を得るために、多種の技法(例えばマッピング法など)についてもご提案致します。



[詳細面接調査/深層面接調査]
インタビュアーと対象者の個人面接によって、詳細な回答を求める方法です。
対象者の回答に対して、インタビュアーが「なぜ?」「どうして?」とプロービング(補足質問) することで、詳細な情報を得ます。

[メリット]

・対象者の回答を掘り下げることによって、例えば製品使用理由や銘柄選択理由などで、 対象者がふだん明確には意識していない理由を探ることができます。
・個人面接で行うため、他の人に聞かれたくないテーマも扱えます。

[デメリット]

・対象者の回答をプロービング(補足質問)していくため、インタビュアーの技量によって結果 が左右されます。

[適した調査]

例えば… 製品アイディアの探索
消費者の行動に対して、その背景や理由を深いところまで探りたい
ブランドワールド(そのブランドの「生活の中での位置づけ」と「世界観・ストーリー」)の成り立ち・生成フローを探りたい   など

[弊社の特徴]

・詳細面接法/深層面接法の実施にあたっては、練達したインタビュアーであることが 絶対条件となります。弊社では豊富な経験を持ったインタビュアーを確保しています。



[デスクリサーチ]
既存の文献や統計資料、インターネット、あるいは専門家・専門機関からのヒアリングに よって、情報を収集・整理・再構築します。
結果は、例えば、新製品アイディアの設定や新製品のターゲット仮説の設定などに活用 できます。(デスクリサーチのステップを踏むことで、これらをより効率的に行うことができ ます。)
弊社では、デスクリサーチによる仮説の設定から各種調査による仮説の検証まで、一連 の調査に対応致します。また、文献の整理や専門家に対するヒアリングなど、デスクリ サーチのみにも対応しております。

[適した調査]

例えば… 新製品導入カテゴリーにおけるユーザーの把握
新製品導入カテゴリーの市場規模の推測など



[在庫調査]
対象小売店・卸売店において、競合を含む製品の在庫数を調べます。在庫数から配給率、 市場占有率、末端販売量、回転率などを推計することができます。
その結果は、製品の出荷・供給・販売計画の策定などに活用できます。
※実査実施小売店舗・卸売店舗はお客様の設定・指定となります。

[適した調査]

例えば… 市場規模の把握
テスト販売段階における市場占有率の予測  など


©2011 Marketing Research Service,Inc., all right reserved.