日本語 | English
お問い合わせ

サポート体制

お客様をサポートする部署を、調査の流れに沿ってご紹介します。



[調査事業部]
調査打ち合わせから報告会まで、調査実施のすべてのプロセスにおいて、リサーチャーとして お客様をサポートする部署です。
入社後、社内外の研修やOJTによって、統計学や市場調査の基礎を学びます。
しかし、市場調査の世界は非常に深く、ひとりで何もかもに練達することは難しい世界です。
弊社では調査部スタッフのひとりひとりが専門分野・得意分野を持つように努めています。
マーケティングテーマに応じてスタッフが知恵を出し合い、企画設計から報告会までお客様をサポートしていきます。

−どんなスタッフがいるの?

弊社のマネージメントやスタッフには、弊社で育った生え抜きリサーチャーもいれば、市場調査会社をいくつか経験して弊社に落ち着いたリサーチャーもいます。
また、コンサルティング会社で働いていて、より消費者に近い立場からマーケティングに携わりたいと考えて転職してきたリサーチャーや、外資系メーカーでマーケティングに携わってきたリサーチャー、大学院で消費者情報処理モデルを専攻し、そのまま弊社に入社したという学者肌のリサーチャーもいます。
このように多種多様なマネージメントやスタッフから構成されている調査部ですが、それぞれの培ってきた視点・ノウハウを生かして、お客様をサポートしています。


[業務開発第2事業部 実査グループ]
データ収集のスペシャリストとして、お客様をサポートする部署です。
調査部を通して、調査の目的に合ったデータ収集の方法をお客様に提案します。
例えば、会場で試食テストを実施する場合、対象者への試食品のサーブの方法によっては回答に偏りが生じ、正しい調査結果を得られないことがあります。
そのため、正しい調査結果を得るために、調査部と打ち合わせを繰り返し、適切なデータ収集方法を提案していきます。
また、正しい調査データを得るために、実査部では定期的に調査員教育を実施しています。
この教育により、調査員は自分の仕事に誇りを持ち、正しいデータ収集方法に対する認識が高まります。調査員教育は、調査員のクオリティ維持のために欠かせないものです。

  (調査員教育の内容例)
     ・市場調査の意義
     ・調査に協力してもらう際のルール
     ・個人情報の取扱いについて    など

−どんなスタッフがいるの?

弊社や他の市場調査会社で実査一筋といったスタッフもいれば、調査部で調査全般に 関する経験を積んだ上で実査のスペシャリストの道を歩んでいるスタッフもいます。
データ収集のスペシャリストとしてのノウハウを共通のベースとして、それぞれの視点か らデータ収集に関する提案を行い、データ収集業務の完成度を高めています。


[業務開発第1事業部 集計・解析グループ]
集計・解析などデータ処理のスペシャリストとして、お客様をサポートする部署です。
調査の目的にあった、集計の方法や多変量解析手法などを調査部を通して、お客様に提案します。
また、エディティングやコーディングについては品質維持の観点から、データをコンピュータ処理する為の専門の人員を配置し、一貫処理を行っています。

■具体的な業務内容
   ・データのエディティング・コーディングサービス
   ・データのクリーニングサービス
   ・統計表の作成サービス
   ・データの作成サービス
   ・インターネット調査の実施
      CSVファイル作成、データベース用のデータ作成、Webのデータ作成
   ・データ解析の計算サービス
      主成分分析、クラスター分析、分散分析、共分散分析など
   ・データ処理に関するコンサルテーションサービス

−どんなスタッフがいるの?

集計のスペシャリストとして、複数の集計プログラムを駆使してあらゆる集計に対応するスタッフもいれば、多変量解析のオーソリティとして、調査目的に合った解析の提案をするスタッフもいます。また、データプリパレーションのスペシャリストとして、難易度の高いコーディングも正確に難なくこなすスタッフもいます。
収集したデータはそのままでは役に立ちません。データ解析部では、収集したデータをより有用な形でお客様に提供できるよう集計・解析業務の完成度を高めています。


©2011 Marketing Research Service,Inc., all right reserved.