株式会社マーケティング・リサーチ・サービス

サービスのご紹介

サービスのご紹介(課題)

新規商品・新規事業

増加する「新規事業開発」ニーズ

海外からの参入社や競合社の攻勢で閉塞的になってきた自社の現事業構造を打開するため、多くの企業が「新規事業」への参入を目論み、自社内に関連部署を立ち上げています。
「女性の視点を生かせ」、「自社の強みを生かせ」、「イノベーションを起こせ」、「従来手掛けてこれなかったようなものを作れ」とミッションが下った、というお話はよく聞きますが、その後「企業規模に見合う新規事業」として実施決断に至った例はまだまだ稀有であると感じます。

マーケット・インかプロダクト・アウトか

実際、新規事業開発は難しく、その失敗例はお聞きするだけでも枚挙にいとまがありません。
商品やサービスに関するユーザーのニーズが一通り充たされてしまった今、消費者ニーズを基本とするマーケット・インのアプローチだけでは、強力な商品やサービスは提供できなくなっています。
新規事業開発を企図する企業は、技術革新などのダイナミックな動きやそれに伴う変化の中で競合を見据えながら、自社の持つ強み(技術資産、チャネル等)やそこからの発展領域なども考えつつ、プロダクト・アウト的な発想で事業仮説を立て、参入可否を判断する必要があります。

イノベーションは起こそうとして起きるものなのか

IT社会になった当時は、業界を揺るがすようなイノベーションが自然発生的にどんどんと起こりました。ITが世の中にもたらしたインパクトは、既存事業のそもそもの枠組みを大きく変えるものだったからです。世の中のこのような構造変化を捉え、周到に起こされたイノベーション事例はもちろん存在しますが、実は、数多くのイノベーションは、「必要」に導かれ発生しているものであると考えます。(「医療分野でのイノベーション事例が多い」と言われているのも、そのためでしょう。)

コンセプト開発に重要な「参入市場に関するリサーチ」

参入する市場には、特有のサプライチェーンや商慣習などがあり、消費する側の「ブランドの重要性」「商品ライフサイクル」 「補完財」などの実態把握も必要です。 商品やサービスの具体的なかたちに仕上げていくところでは、ユーザーが自発的に語るニーズに対応するものは概ね既に存在するため、既存の価値観から解放された意見が出るようなリサーチ設計や「刺激」を与えて発想させるような工夫が不可欠となります。開発した商品・サービスのパフォーマンスについては、既存事業におけるリサーチと同様に「本当に買われるレベルのものか、どんな代替品と比較されるか」といった視点も重要となるでしょう。弊社にも、関連調査のご相談が多数寄せられるようになりました。弊社では、多分野の企業と行ったプロジェクトの経験を踏まえ、クライアント企業が持つ事業のコンセプト仮説について、リサーチによって裏づけされる丁寧なアプローチで検証を行います。プロジェクトの立ち上げから商品やサービスの上市に渡る様々なフェーズの新規事業関連調査のご相談をお受けしています。「新規事業のためのリサーチ」には、その企業のコアコンピタンスや人的資源、また企業文化の共有が必要であるため、プロジェクトの初期には充分な時間を頂戴しご説明頂くことを、弊社では特に重要視しております。

弊社で取り組んできた課題(例)

・事業シーズからビジネスの方向性を検討
・事業コンセプトの市場性確認
・コミュニケーションターゲットや方向性の確認・・ など
新規事業には、発想力と同時に、既存の資産とのシナジーを生かす合理的思考の両方が必要であるため、弊社では以下のようなアプローチをとることが多くなっています。
①クライアント企業の保有資産・技術の棚卸
②クライアント企業の商品・サービスがおかれる市場・カテゴリーの整理
③市場の変化(環境変化、価値観の変化、人の変化、生活の変化)を把握
④想像される未来(技術革新・画期的な発明・イノベーション)を描出
  ↓
●新規事業のコンセプト開発(仮説構築、自社が取り組む必然性)
●参入市場・カテゴリーの探索(事業仮説の検証・ポジショニング課題)
●ニーズの把握・創出(市場・カテゴリー・ユーザーの背景との因果関係)
●自社が作るべき商品・サービスの仕様
 :