株式会社マーケティング・リサーチ・サービス

サービスのご紹介

サービスのご紹介(課題)

インサイト調査

生活者、潜在意識・無意識、インサイト、比喩(メタファー)

マーケティング活動を進めるためには、消費者のことを知る必要があります。どこの商品を買っているのか。なぜその商品を選んだのか。迷った商品はあるか。使ってみてどう思ったか。これらを知ることが、マーケティング施策を考えるベースとなっていきます。こうした情報の収集は必須のことです。しかしこれだけでは、人を理解することに不足が生じる可能性があると考えています。

“消費者”ではなく、“生活者”として理解

“消費者”という言葉、皆様はどう感じられますか? 購買・消費活動のみに焦点が当てられている印象を受ける方も、多いのではないでしょうか。人は、商品やサービスを購入・利用することを中心として日々を過ごしているわけではありません。商品・サービスの購入は「手段」であり、その上位には自身の生き方という「目的」があります。特段生き方を意識していない人もいると思いますが、そうした場合でも“好み”によって生き方のスタイルは表れます。また、実現したい生き方はあっても、様々な事情により制約をかけられている場合もあり得ます。
こうした生活全体から人を捉えることが、近視眼的なマーケティングを防ぐためにも重要だと考えます。そのため当社では、“消費者”ではなく“生活者”という言葉のもと、人の理解に迫ることを大事にしています。

インサイトを掴み、生活者の真の姿に迫る

生活者を理解するには、広く捉えるだけでなく、深さを意識することも重要と考えます。アンケートやインタビューを通して把握していることの多くは、強弱はあれども人が普段意識していることであり、理性的な部分と言えます。しかし、人はその下に感覚的な部分や無自覚な部分、つまり潜在意識・無意識を持ち、ここが意識全体の95%を占めるとも言われています。だからこそ、購入理由/非購入理由を聞いた際、「なんとなく…」という回答が生じることがあります。表層的な部分にとどまらず、こうした深層部分の把握にも迫らなければ、生活者の真の姿は見えてきません。当社はこのことを念頭に置き、インサイト(行動や態度の核心、、本質)を掴むことができるように、調査方法の開発と設計を行っています。

インサイトを掴み、生活者の真の姿に迫る

生活者を理解するには、広く捉えるだけでなく、深さを意識することも重要と考えます。アンケートやインタビューを通して把握していることの多くは、強弱はあれども人が普段意識していることであり、理性的な部分と言えます。しかし、人はその下に感覚的な部分や無自覚な部分、つまり潜在意識・無意識を持ち、ここが意識全体の95%を占めるとも言われています。だからこそ、購入理由/非購入理由を聞いた際、「なんとなく…」という回答が生じることがあります。表層的な部分にとどまらず、こうした深層部分の把握にも迫らなければ、生活者の真の姿は見えてきません。当社はこのことを念頭に置き、インサイト(行動や態度の核心、本質)を掴むことができるように、調査方法の開発と設計を行っています。

インサイトを掴むためのアプローチ

潜在意識や無意識に迫るにあたり重要となるのは、調査対象者の方を理性的・意識的にさせないこと、つまりは「考えさせないこと」です。直感的に答えてもらうのに有効となるのが、比喩(メタファー)によるアプローチです。自身の感覚を何かに喩えてもらい、その背景を聞き取っていくことで、普段意識していない部分や無自覚な部分が取り出せるようになっていきます。その具体的な方法が、以下になります。

この他に、第三者視点で回答してもらう方法もあります。こちらは、自分事から他人事に変えることで、建前ではなく本心に近い回答を得る ことが可能となります。

多面多層なアプローチで理解

潜在意識・無意識を調べることも大事ですが、だからと言って意識的・理性的な部分の把握が無意味で不要だとは思いません。結果に対して「なぜ」を繰り返すことで、見えてくるインサイトもあります。また、感情的・感覚的だけど理性的でもあるのが人であり、建前も含めてひとりの人の姿です。大事なのは、インサイトに迫ることができているかどうかに注意を向け、できる限り広く深く生活者を理解しようとすることだと考えます。そのためにも、複数の調査手法を組み合わせて、多面多層に生活者へアプローチすることが重要となります。
当社は長年に渡り、定量・定性の垣根なく、必要と考える多様な手法を用いて調査を実施してきました。ご予算に応じて有効と考える調査アプローチをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問合せください。